• Art piece『trace』2019

トレースには、なぞる、辿るという意味があります。

 

親方や江戸切子の先人たちの軌跡を辿る、という意味を込めて名付けました。

 

親方が以前、先輩の職人に教えを請うた時に、

「すべての基本は矢来にある」

という言葉をいただいたと聞き、この作品にも矢来文様のカットを施しました。

 

矢来文」は、江戸切子のカットパターンとしてはとてもシンプルなものですが、交点の交わりや深さが正しく、左右が均等になっていなければ、本来の美しさは生まれません。文様に重きのある現代の江戸切子において、それは原点ともいうべき文様だと認識しています。

 

その「矢来文」に、今までにない「色・質感・光」を取り入れることで、自分が思う美しさや心地よさを持つ「矢来文」を目指しました。

 

この作品には、カットを施した後でファイアーポリッシュという加工をしています。ファイアーポリッシュとは、最後に再び熱を加えることで、表面に艶を与える作業です。

この作業により、果実のようなぷっくりとした質感が生まれ、カットされた部分を通り抜ける光によって映し出される模様は、まるでダリアの花びらのような柔らかさを持ちます。

 

先人たちが伝統や基礎を守る一方で、自分たちなりの新しさも加えてきたように、基礎に忠実でありつつ、自分なりのアレンジを加えることこそが、私にできる江戸切子に対する恩返しではないかと考えています。

 

The title 『trace』 implies my will to follow and trace the tracks of my predecessors.

 

Toru Horihguchi -my master at Horiguchi Kiriko- was once enlightened by his senior artisan that

“The principles of Edo Kiriko lie in the Yarai pattern”.

I was reminded by this story Toru shared with me, and decided to incorporate this pattern in this piece.

 

The “Yarai Pattern” has a simple design; to bring out the true beauty of the pattern, each intersection must be cut symmetrically, and in even angles and depths. We understand that the designs and patterns are the most significant features of Edo Kiriko today, and that the “Yarai pattern” may be one of the most fundamental of all.

 

The “Yarai Pattern” in trace is unique in its colour, texture and the projection of light, which illustrates what I consider to be a beautiful and pleasant Edo Kiriko ware.

 

I gave this piece a “fire polish”, which is a process where glass is heated up for a glossy texture and plump look.In addition, this process aids to create a delicate, Dahlia-like beam of light on the table that it is placed on.

 

I am determined that adding on new and unique arrangements that are unique to me -alike my predecessors- is the most meaningful repayment of gratitude to the history and tradition of Edo Kiriko.

 

2019.7.5

SENNA MISAWA

  • Art piece『trace』2019

トレースには、なぞる、辿るという意味があります。

 

親方や江戸切子の先人たちの軌跡を辿る、という意味を込めて名付けました。

 

親方が以前、先輩の職人に教えを請うた時に、

「すべての基本は矢来にある」

という言葉をいただいたと聞き、この作品にも矢来文様のカットを施しました。

 

矢来文」は、江戸切子のカットパターンとしてはとてもシンプルなものですが、交点の交わりや深さが正しく、左右が均等になっていなければ、本来の美しさは生まれません。文様に重きのある現代の江戸切子において、それは原点ともいうべき文様だと認識しています。

 

その「矢来文」に、今までにない「色・質感・光」を取り入れることで、自分が思う美しさや心地よさを持つ「矢来文」を目指しました。

 

この作品には、カットを施した後でファイアーポリッシュという加工をしています。ファイアーポリッシュとは、最後に再び熱を加えることで、表面に艶を与える作業です。

この作業により、果実のようなぷっくりとした質感が生まれ、カットされた部分を通り抜ける光によって映し出される模様は、まるでダリアの花びらのような柔らかさを持ちます。

 

先人たちが伝統や基礎を守る一方で、自分たちなりの新しさも加えてきたように、基礎に忠実でありつつ、自分なりのアレンジを加えることこそが、私にできる江戸切子に対する恩返しではないかと考えています。

 

The title 『trace』 implies my will to follow and trace the tracks of my predecessors.

 

Toru Horihguchi -my master at Horiguchi Kiriko- was once enlightened by his senior artisan that

“The principles of Edo Kiriko lie in the Yarai pattern”.

I was reminded by this story Toru shared with me, and decided to incorporate this pattern in this piece.

 

The “Yarai Pattern” has a simple design; to bring out the true beauty of the pattern, each intersection must be cut symmetrically, and in even angles and depths. We understand that the designs and patterns are the most significant features of Edo Kiriko today, and that the “Yarai pattern” may be one of the most fundamental of all.

 

The “Yarai Pattern” in trace is unique in its colour, texture and the projection of light, which illustrates what I consider to be a beautiful and pleasant Edo Kiriko ware.

 

I gave this piece a “fire polish”, which is a process where glass is heated up for a glossy texture and plump look.In addition, this process aids to create a delicate, Dahlia-like beam of light on the table that it is placed on.

 

I am determined that adding on new and unique arrangements that are unique to me -alike my predecessors- is the most meaningful repayment of gratitude to the history and tradition of Edo Kiriko.

 

2019.7.5