• ラミー
  • ラミー

堀口切子では、親方も弟子も、自分の好みのものや経験を、全員で共有する習慣があります。「これいいな」と思ったものをプレゼントしたり、「これ面白そう」と思った展示を教え合って、実際に足を運んだり。

 

LAMYの文房具は、そんな習慣の中で、私が師匠と弟子たちにプレゼントしたものです。LAMYはドイツ製の文房具メーカーで、品質の良い万年筆やペンなどで知られています。どれもシンプルでデザイン性が高く、実用性に優れているのですが、これはドイツデザインによく見られる特徴です。私は以前から、ドイツデザインを生み出したとも言える、BAUHAUS(バウハウス・ドイツの芸術学校)に憧れてきました。LAMYの文房具も、BAUHAUSから大きな影響を受けたとされています。

 

BAUHAUSのデザインにおける「機能美」の考え方は、装飾的であることを求められる「切子」にとっては難しいテーマかもしれませんが、SENA MISAWAを作るにあたって、私が意識していることです。

 

実は、設立100周年を迎えたBAUHAUSに、2019年の9月、初めて訪れることができました。それも堀口切子全員で。丁度その時期に取引先であるハンガリーへ研修に行く機会があり、その時どうしても「一人でBAUHAUSまで行ってきたい」と親方に伝えると、「それなら全員で行こう」と決めてくれたのです。憧れを抱き続けていたBAUHAUSを訪れることができてとても嬉しかったのは勿論、それを堀口切子の全員で経験できたことで、その価値は何倍にもなりました。

堀口切子ではこれからも、「これいいな」と思うものをシェアすることで、思いを分かち合っていきたい。そして、それを使い手の方とも共有していきたい。WEB ZINEはその為にあります。

At Horiguchi Kiriko, we are accustomed to sharing products and experiences that we appreciate amongst each other. We would give each other our favourite products as gifts, and share information about exhibitions to visit them together.

 

LAMY’s stationaries were a gift from me to Toru and the younger pupils.
LAMY is a German Stationary brand that is know for its high-quality fountain pens and daily-use pens. Their products are simple yet highly-designed, and is truly practical. This is a distinctive feature found in many German designs.

 

I have always been attracted by BAUHAUS (German design School), which is said to have been one of the most prominent founders of German design. LAMY is one of the brands that have been widely affected by BAUHAUS.

The decorative nature of Edo Kiriko may go against the “beauty of practicality” that BAUHAUS base their designs on, but I am often reminded of this theme as I create pieces for the SENA MISAWA brand.

 

In September 2019, we were given our first chance to visit BAUHAUS on their 100-year anniversary. The Horiguchi Kiriko team were able to visit together, since we had been planning a business trip to Hungary for a training programme. I insisted on personally going to BAUHAUS along the way, but Toru said that we should all go as part of the trip. Not only was I excited to visit BAUHAUS that I have always looked up to, but also because it became a more valuable experience by sharing it with the whole team.

We wish to continue sharing our favourites and mindsets with each other. Furthermore, share our thoughts with our customers through the WEBZINE.

2020.5.13

SENNA MISAWA

  • ラミー
  • ラミー

堀口切子では、親方も弟子も、自分の好みのものや経験を、全員で共有する習慣があります。「これいいな」と思ったものをプレゼントしたり、「これ面白そう」と思った展示を教え合って、実際に足を運んだり。

 

LAMYの文房具は、そんな習慣の中で、私が師匠と弟子たちにプレゼントしたものです。LAMYはドイツ製の文房具メーカーで、品質の良い万年筆やペンなどで知られています。どれもシンプルでデザイン性が高く、実用性に優れているのですが、これはドイツデザインによく見られる特徴です。私は以前から、ドイツデザインを生み出したとも言える、BAUHAUS(バウハウス・ドイツの芸術学校)に憧れてきました。LAMYの文房具も、BAUHAUSから大きな影響を受けたとされています。

 

BAUHAUSのデザインにおける「機能美」の考え方は、装飾的であることを求められる「切子」にとっては難しいテーマかもしれませんが、SENA MISAWAを作るにあたって、私が意識していることです。

 

実は、設立100周年を迎えたBAUHAUSに、2019年の9月、初めて訪れることができました。それも堀口切子全員で。丁度その時期に取引先であるハンガリーへ研修に行く機会があり、その時どうしても「一人でBAUHAUSまで行ってきたい」と親方に伝えると、「それなら全員で行こう」と決めてくれたのです。憧れを抱き続けていたBAUHAUSを訪れることができてとても嬉しかったのは勿論、それを堀口切子の全員で経験できたことで、その価値は何倍にもなりました。

堀口切子ではこれからも、「これいいな」と思うものをシェアすることで、思いを分かち合っていきたい。そして、それを使い手の方とも共有していきたい。WEB ZINEはその為にあります。

LAMY

At Horiguchi Kiriko, we are accustomed to sharing products and experiences that we appreciate amongst each other. We would give each other our favourite products as gifts, and share information about exhibitions to visit them together.

 

LAMY’s stationaries were a gift from me to Toru and the younger pupils.
LAMY is a German Stationary brand that is know for its high-quality fountain pens and daily-use pens. Their products are simple yet highly-designed, and is truly practical. This is a distinctive feature found in many German designs.

 

I have always been attracted by BAUHAUS (German design School), which is said to have been one of the most prominent founders of German design. LAMY is one of the brands that have been widely affected by BAUHAUS.

The decorative nature of Edo Kiriko may go against the “beauty of practicality” that BAUHAUS base their designs on, but I am often reminded of this theme as I create pieces for the SENA MISAWA brand.

 

In September 2019, we were given our first chance to visit BAUHAUS on their 100-year anniversary. The Horiguchi Kiriko team were able to visit together, since we had been planning a business trip to Hungary for a training programme. I insisted on personally going to BAUHAUS along the way, but Toru said that we should all go as part of the trip. Not only was I excited to visit BAUHAUS that I have always looked up to, but also because it became a more valuable experience by sharing it with the whole team.

We wish to continue sharing our favourites and mindsets with each other. Furthermore, share our thoughts with our customers through the WEBZINE.

2020.5.13