CONCEPT

Observe Add and Omit

  • 残す 加える 省く

価値あるものは残そう。

必要な要素は加えよう。

余計なものは、勇気をもって省こう。

 

堀口切子の切子制作では、残す、加える、省くという三つのキーワードをもとに、必要に応じて変化を遂げていくことを意識しています。それは時代の流れや、道具、機材などの移り変わりに影響を受けますが、同時にものごとの本質を見極めることで、その時々に最適な取捨選択を行うことでもあります。

 

先人たちの革新的な変化なしでは、今の江戸切子が生まれることはなかったかもしれません。この取捨選択を諦めてしまうことは、一人の江戸切子職人として、あってはならないことです。

 

変化や革新を起こすことに不安はないのか、伝統は守るべきではないのか、と問われることがあります。しかし堀口切子では、伝統と革新とは対義語ではなく、同義語だと考えています。

 

例えば、これまでの江戸切子の歴史上、

 

デザイン、色、形、用途、機械、道具

においては、時代に合わせた多様な変化がみられましたが、

 

ガラスを加工することで使い手を驚かせ、魅了する

という本質は変わっていません。

 

革新的な変化であっても、それが受け入れられることや、変化を積み重ねることで、それは時代に根付き、いずれは伝統になっていくのです。

 

江戸切子の本質さえ見失わず、誰のために、どのような目的をもって作るかを考え、取捨選択をしていくことで、人々に受け入れられる商品を作り続けることができると信じています。

In Horiguchi Kiriko, we believe it is our mission to continue modifying our glassware based on three key words: observe, add, and omit.

 

Modification through observing what is valuable, adding on essential features, and omitting what is unnecessary is core to our faith in the making of our products.

 

At times our evolution is prompted by the flow of time, and changes in tools and machines, but it is also often the result of careful observation and selection of what is essential in each situation.

 

Our predecessors’ careful decisions and constant modifications were necessary for Edo Kiriko to become what it is now. We understand our role in following these paths are crucial for further progression of Edo Kiriko wares.

 

We are often questioned whether there are any uncertainty in being open to innovation, and if we value the traditions of a historically praised craft.

However, we do not perceive tradition and innovation as contradicting, but more as compatible terms.

 

For example in the history of Edo Kiriko, designs, colours, shapes, purposes, machines and tools have been modified throughout time.

Nonetheless, the nature of processing glass to amaze and charm the users have always been at the heart of Edo Kiriko crafts.

 

Innovations will eventually become tradition through constant modifications and by repeated acceptance in society.

 

We are convinced that our products will be accepted and cherished in society if we do not overlook the true nature of Edo Kiriko, and continually make modifications considering the users and the purpose of the product.

2019.9.28

堀口切子

  • 残す 加える 省く

価値あるものは残そう。

必要な要素は加えよう。

余計なものは、勇気をもって省こう。

 

堀口切子の切子制作では、残す、加える、省くという三つのキーワードをもとに、必要に応じて変化を遂げていくことを意識しています。それは時代の流れや、道具、機材などの移り変わりに影響を受けますが、同時にものごとの本質を見極めることで、その時々に最適な取捨選択を行うことでもあります。

 

先人たちの革新的な変化なしでは、今の江戸切子が生まれることはなかったかもしれません。この取捨選択を諦めてしまうことは、一人の江戸切子職人として、あってはならないことです。

 

変化や革新を起こすことに不安はないのか、伝統は守るべきではないのか、と問われることがあります。しかし堀口切子では、伝統と革新とは対義語ではなく、同義語だと考えています。

 

例えば、これまでの江戸切子の歴史上、

 

デザイン、色、形、用途、機械、道具

においては、時代に合わせた多様な変化がみられましたが、

 

ガラスを加工することで使い手を驚かせ、魅了する

という本質は変わっていません。

 

革新的な変化であっても、それが受け入れられることや、変化を積み重ねることで、それは時代に根付き、いずれは伝統になっていくのです。

 

江戸切子の本質さえ見失わず、誰のために、どのような目的をもって作るかを考え、取捨選択をしていくことで、人々に受け入れられる商品を作り続けることができると信じています。

Observe Add and Omit

In Horiguchi Kiriko, we believe it is our mission to continue modifying our glassware based on three key words: observe, add, and omit.

 

Modification through observing what is valuable, adding on essential features, and omitting what is unnecessary is core to our faith in the making of our products.

 

At times our evolution is prompted by the flow of time, and changes in tools and machines, but it is also often the result of careful observation and selection of what is essential in each situation.

 

Our predecessors’ careful decisions and constant modifications were necessary for Edo Kiriko to become what it is now. We understand our role in following these paths are crucial for further progression of Edo Kiriko wares.

 

We are often questioned whether there are any uncertainty in being open to innovation, and if we value the traditions of a historically praised craft.

However, we do not perceive tradition and innovation as contradicting, but more as compatible terms.

 

For example in the history of Edo Kiriko, designs, colours, shapes, purposes, machines and tools have been modified throughout time.

Nonetheless, the nature of processing glass to amaze and charm the users have always been at the heart of Edo Kiriko crafts.

 

Innovations will eventually become tradition through constant modifications and by repeated acceptance in society.

 

We are convinced that our products will be accepted and cherished in society if we do not overlook the true nature of Edo Kiriko, and continually make modifications considering the users and the purpose of the product.

2019.9.28